スポンサード

2015年02月12日

常務 | 専務・常務。将棋で言うと金将と銀将といった社長の側に控える偉い人です

常務とは、社長を補佐して会社の日常的、ある程度個別的な業務を担当する人のことを言います。常務取締役といったふうに取締役といった言葉が付くケースが多く、一般的にはいわゆる役員に該当します。

さて、「常務と専務どっちが偉いの?」といった疑問は会社組織にあまり縁のない人が良く抱く疑問点であると思います。

ココですっきりと解決していきたいと思います。

ズバリ、偉いのは【専務】>【常務】といった順番となります。

専務は会社全体の事を見る役職なのに対して、常務は特定の業務を見るといった感じとなります。専務の方が一段視点が高いのですね。

それなので、販売業務で叩き上げてきた常務や営業一筋の常務、人事のスペシャリストの常務といった風に何人もの常務がいるケースがあります。

しかし、専務はどちらかというと、そのように特定の職能に紐づかず、会社全体を見るといった立ち位置をとるのです。

会社の肩書(偉い順に紹介します)  


250
keieimanga at 21:45|PermalinkComments(0)役職 

専務 | 役員さんと言えば専務。といったくらいメジャーな役員さんの肩書です

専務とは、社長を補佐して会社全般の管理業務を担当する人のことを言います。専務ときたら専務取締役と付くケースが多いように、基本的に取締役、つまり役員さんになります。

さて、専務と言えば常務といった風に、よく常務と専務の上下関係が分からないといった声を聴くことがあります。

一般的には【専務】>【常務】といった順番となります。

イメージとしては、専務は社長の右腕、懐刀といった所で、社長を補佐し、会社全般の業務を行い社長の意思決定を支えるといった感じとなります。

これに対して常務は、会社全般の業務ではなく特定の業務をもっぱらとりしきる事によって社長を補佐するといった感じです。

専務というとよく聴く名前ですが、実際に何をしているかは会社によってまちまちになります。専務だからと言って○○をしなければならないといった取り決めはないですし、本当に小さな会社では実働している役員は社長のみで、後の役員はすべて名誉職になっているといったケースもあり得るのです。

こういった事が起こるのは、専務という名前が会社法等の法律で決まっている役職ではなく、会社が独自に付与している肩書だからなのです。

会社の肩書(偉い順に紹介します) 


250
keieimanga at 21:44|PermalinkComments(0)役職 

副社長 | 副と付くとよく分からないけれども、社長に次ぐといった位置づけになります

副社長とは、社長を補佐する人が就く役職です。英語ではvice-presidentと表記されます。

一般的な副といった言葉の意味合いの通り、社長に準じる役職であるという事ができます。専務より偉くて、社長よりは偉くないといった位置づけになるのが一般的です。

ただし、社長や副社長といった肩書はあくまで企業内部の肩書なので、対外的には取締役、代表取締役といった肩書の方が重要となります。

また、副社長にも代表権を付け、代表取締役社長、代表取締役副社長といったふうに、代表権を持った人を2人置くケースもあります。

このようなケースでは、社長に準じるというか社長が二人いると紛らわしいから便宜的に片方に『副』といった言葉を付けたような印象になってきます。

会社の肩書(偉い順に紹介します) 


250
keieimanga at 21:44|PermalinkComments(0)役職