スポンサード

2015年02月12日

顧問 | 顧問といえば名誉職もしくは専門家が外部の顧問となっているケースがあります

顧問とは、権限は特に持っていませんが、その見識を買われて置かれる役職となります。
 
そのため、なかなか判断できないような事柄が発生したような場合に、決定権はないものの、意見を求められるような存在となります。

また、税理士さんや弁護士さん、中小企業診断士さんなどが外部の専門家として顧問になっている場合もあります。

この場合はまさに、権限はないけれども見識を買われて置かれている役職といった説明通りの立ち位置になります。

とくに、弁護士さんなどは何か問題が発生した際に、会社を守る、また問題が発生しないように会社を守るといった会社の守護者的な役割を担います。

このように、外部から招く顧問は、もともとの職種に応じて専門的な知見を企業にもたらすといった効果があるのです。(その分、報酬も発生しますが) 

但し、企業内部で役員などを歴任してきた人が名誉職的に顧問として企業に残る場合もあります。役員を歴任してきた人の持っている人脈・知見を経営に活かすため、残ってもらうといったイメージですね。

何といっても、経験に勝る知恵はない(と期待されている)訳ですから、実際に自社のかじ取りをしてきた人が残っているというのは心強いものなのです。 

このような場合は、権限は持っていませんが社内に依然として強い影響力を持っていたりしますので注意が必要です。

会社の肩書(偉い順に紹介します)  


250
keieimanga at 21:40|PermalinkComments(0)役職 

相談役 | 偉さを見抜いて生き延びろ 相談役という名誉職

相談役とは、法的に特に定めれられている役職ではありません。そのため、会社を代表して何かをするといった役職ではないのが通常です。また、相談役を置くか否かも自由に会社が決める事となります。

相談役とは、取締役などのいわゆる役員さんが相談するような人といったイメージになると思います。

と、ここまでの説明では「なんだ、たいして偉くないんだな…」と思ってしまうかもしれませんが、一般論としては大間違いです。

例えば、創業者社長が会長に退き、その後相談役に就任するなど、非常に偉い人が相談役に就いているケースも多々あるのです。役員さんの相談にのる立場であるわけですから、それなりのキャリアを持っていないと困るのですね。

そのような場合、公的に権限はないかもしれませんが、社内での発言力は絶大なものがあり、社長や会長を上回っている場合も多いのです。

そのため、「相談役」だからと言って侮った態度をしたりすると後々非常にマズイ事になりかねません。(まあ、大人として他人を侮るような態度をとること自体がまずいですけどね。)

また、取締役や代表取締役といった肩書が相談役の上についているケースもあります。このような場合、いわゆる会社の役員さんですので、公的にも偉い人となります。

会社の肩書(偉い順に紹介します) 


250
keieimanga at 21:39|PermalinkComments(0)役職 

会社の肩書 | 肩書で誰が偉いかを見抜くことは、会社で生き抜くことにつながります


会社には様々な肩書があります。社長であったり、会長。専務に常務。課長に課長補佐、課長補佐代理など、様々な肩書です。

でも、肩書がたくさんありすぎて誰が一番偉いのか、分かりにくい時があるのも事実です。

例えば、専務と常務どちらが偉いか即答できますか?

あくまで肩書きは会社内で任意でつけられるようなものが多いので、どちらが偉いかと完璧に言い表すことは難しいかもしれませんが、大体の偉さの目安はあります。

ココでは一般的な偉さの順で並べてみました。これでもう「あれ、専務と常務どっちが偉いんだっけ?」などと戸惑う事はなくなりますね。

※【】でくくられているのは一般的には名誉職です。権威や権力はありますが、公的な権限は持っていないケースがあるので注意が必要です。

顧問】・【相談役】・【会長






=============
役員の壁
=============





=============
管理職の壁
=============



主任 

なお、この偉い順は一般的な企業における偉い順です。その為、この通りではないケースも当然あり得ますし、いくつかの役職の間に聞きなれない横文字の肩書が挿入されることもあり得ます。

しかしながら、 おおむねこういった序列を頭の中に描いておけば大外れすることはなくなるはずです。

関連情報
職能資格などの肩書偉い順


250
keieimanga at 21:38|PermalinkComments(0)役職序列