スポンサード

2015年02月12日

本部長 | かなり大きな会社にしかいないレアな肩書です

本部長とは、○○本部といった組織を統括するために置かれる役職です。

規模の大きな小売業などでは販売本部などといった組織を置き、その下に第一販売部、第二販売部といった部を置くといった組織体制になる事があります。

そして、このような組織体制になる事からお気づきになられたと思いますが、通常の部長よりも偉い立場になります。

但し、本部長は○○本部といった組織を作るほど大きな企業でなければ、置かれる事のない役職です。

そのため、企業によっては本部長といった役職がないケースも多いと考えられます。

もしあなたが、働いている中で本部長と名乗る人と会ったならば、その人は相当偉い人ですので注意してくださいね。

なお、本部長クラスの場合、取締役との肩書がついている場合があります。その場合、その本部長は役員さんとなりますので注意が必要です。 

会社の肩書(偉い順に紹介します)    


250
keieimanga at 21:49|PermalinkComments(0)役職 

取締役(平取) | 会社内の肩書という切り口で解説します

取締役(平取)とは肩書のついていない取締役の事です。役員さんではあるのですが、特に専務常務といった肩書がついていない人のことを指します。

「取締役 鈴木一郎」といったように、取締役以外の肩書がついていませんよね?そのような事をさして平取(ひらとり)などと表現したりもします。

と、なんだか平取などというとあまり偉くなさそうな雰囲気が漂ってきますが、部長クラスとは本質的に異なります。

というのは、通常の部長クラスですとあくまで従業員、使用人なのですが、平でも取締役ならば役員さんになるのです。

とはいえ、従業員ではないという事が不利に働くケースもあります。というのは、従業員であれば労働基準法などで守られますし、イザとなれば労災が適用されたりもします。

しかし、役員さんになってしまうと、こういったイザという時の備えは無くなってしまいます。

さらに、役員が任務を行って会社に損害を与えた場合、その損害の賠償をする責任が生じたりします。

そんなに偉くない役員である取締役(平取)さんは一番損な役回りなのかもしれませんね。(詳しくは取締役を法律の側面から解説したこちらをご参照ください。)


250
keieimanga at 21:47|PermalinkComments(0)役職 

常務 | 専務・常務。将棋で言うと金将と銀将といった社長の側に控える偉い人です

常務とは、社長を補佐して会社の日常的、ある程度個別的な業務を担当する人のことを言います。常務取締役といったふうに取締役といった言葉が付くケースが多く、一般的にはいわゆる役員に該当します。

さて、「常務と専務どっちが偉いの?」といった疑問は会社組織にあまり縁のない人が良く抱く疑問点であると思います。

ココですっきりと解決していきたいと思います。

ズバリ、偉いのは【専務】>【常務】といった順番となります。

専務は会社全体の事を見る役職なのに対して、常務は特定の業務を見るといった感じとなります。専務の方が一段視点が高いのですね。

それなので、販売業務で叩き上げてきた常務や営業一筋の常務、人事のスペシャリストの常務といった風に何人もの常務がいるケースがあります。

しかし、専務はどちらかというと、そのように特定の職能に紐づかず、会社全体を見るといった立ち位置をとるのです。

会社の肩書(偉い順に紹介します)  


250
keieimanga at 21:45|PermalinkComments(0)役職