スポンサード

2015年02月13日

会社の印鑑 | 沢山種類があるのには意味があるのです

会社の役職には明確な序列があるように、会社で使う印鑑にも権威づけの度合いで序列があります。

筆頭には代表印者印という個人で言う所の実印に該当するような印鑑があり、それに準じるように、銀行印、角印、ゴム印といった風に様々な印鑑が用意されています。

別に、代表者印一つだけであっても(対外的には)差支えないのですが、様々な種類の印鑑を用意した方が何かと便利でもありますし、不特定多数の従業員に法務局に登録した実印を扱わせるのが怖いといった考え方もあります。

(逆に、あなたも日常的に会社の実印を使うのも嫌ですよね?)

そのため、いくつかの種類の印鑑を作るのですが、種類があるゆえに分かりにくいところなので以下に整理していきます。

会社で使う印鑑の序列は以下の順になります。




=========
印鑑とスタンプの壁
=========

いずれの印鑑にしても長く使うモノでありますし、大切なものになりますので良い素材で作成し、ちゃんと管理することが大切です。

また、大きな会社になってくると、様々な会社印の管理をしっかりとし、ちゃんとした手順を踏まないと押印できないようになっているケースもあります。

内部統制の観点からも、適切に管理されることが望まれます。(こういう場合に言われる適切とは簡単に押印できないといった意味合いです)

そのため、場合によっては自社の印鑑を殆ど見たことがないような従業員もいたりするのです。
  • 序列というけれども
さて、上の方で印鑑には序列があると言いましたが、押印された印鑑によって効果が異なるような事はあるのでしょうか?

言い換えれば、単なる認印を契約書に押印した場合、その契約書は効果を発揮するのでしょうか?

この答えは「イエス」になります。あくまで当事者間の合意があれば契約自体は成立しますので、会社の印鑑をしかるべき人が押したのであれば、その押印には重みがあるのです。

では、なぜ序列などといった風にややこしい事を言うのでしょうか?

まず、代表者印(実印)ですが、これは重要な書類になればなるほど、実印を押印することを求められることになるといった事情があります。

例えば、あなたの会社が銀行からお金を借りようと考えた際、金銭消費貸借契約書(平たく言えば借用書です)に単なる認印を押そうとしても、銀行の担当者に「代表者印を押印してください。また、印鑑証明書も添付してくださいね」と言われ、認印は押させてくれないはずです。

また、重大な契約を結ぶような際にも代表者印の押印が求められるはずです。このように重大な取引を行うような場合には、双方それなりの覚悟が求められるのです。
  • 無くしてしまったら
さて、このように大切な印鑑ですから無くしてしまったら大変です。もちろん無くさないように管理するのが一番大切なのは言うまでもありませんが、人間がやる事ですので無くしてしまう可能性はどうしてもゼロにはできません。

そこで、無くしてしまった場合の対処についてもまとめておきます。

1.代表者印を紛失した場合は

①法務局へ届け出をし、その印鑑の効力を無くす
上で書いているように非常に大切な代表者印ですから、無くしてしまった場合、代表者印としての効力をまずは喪失させる必要があります。悪い事に使われない様な対策をするわけですね。

②警察に届けておく
もし悪用された場合に対処するため、予め警察に届けておきます。

③取引先・関係者への通知
気持ちとしては、代表者印を紛失したなどといった事は通知しにくいと思いますが、被害を防ぐためにも通知をしておいた方が望ましいと思われます。

2.銀行印を無くした場合は

①銀行へ届ける
まずは何はともあれ銀行へ届け出ます。銀行印があれば対金融機関との取引はできてしまうので、その銀行印の効果を喪失させておく必要があるのですね。

②警察に届けておく
もし悪用された場合に対処するため、予め警察に届けておきます。
  • 印鑑の使われ方
さて、ここまでは印鑑の種類について述べてきました。しかし印鑑は種類も大切ですが使われ方も大切です。そこで次に代表的な使われ方について見ていきたいと思います。

捨て印

訂正印

認印

割印

消印

以上のように、同じ印鑑でも使われ方によって様々な呼び方が出てきます。但し、これらの呼び方は印鑑自体の種類(代表者印とか角印)ではなく、あくまで使われ方についている名前ですので注意が必要です。

「捨て印を押して」と言われても、捨て印といった種類の印鑑があるわけではないのですね。 


250
keieimanga at 21:46|PermalinkComments(0)印鑑の種類 

主任 | 現場の頼れる人といった感じです

主任とは、どこかの組織を統括するといったリーダーではありませんが、現場レベルでのリーダー的な立場が与えられている役職になります。

公的に誰かに対して指示命令を与える権限は与えられていませんが、メンバーから一目置かれるだけの権威が与えられていると言い換えてもいいかもしれません。

そのため、主任ともなれば一般従業員と比較してやはり業務に対しては精通している必要がありますし、現場レベルでリーダーシップを発揮するためにもある程度の指導力が求められるのです。

と、このように位置づけられるため、若手社員の指導を任せられるようなケースもあります。このような場合、実質的には部下を持ってはいませんが、指導している後輩といった風に疑似的な部下を持つといった形になり、そういった経験の中で管理能力を高めていくことも期待されています。

会社の肩書(偉い順に紹介します)  


250
keieimanga at 20:13|PermalinkComments(0)役職 

係長 | 係長は管理職のはじめの一歩です

係長とは、係を管理する役職となります。部>課>係といった順に組織の規模は小さくなり、係長とは現場の管理者といった位置づけとなります。

そのため、課長部長が管理職といった風に明確に会社側の人間で、管理業務に重点を置くのに対し、係長は現場の管理職。あくまでプレーヤーとしての立場であるといった違いがあるのです。

また、係長は組織のなかで管理だけではなく、現場の仕事を遂行することも求められます。プレーイングマネージャーといった言葉がありますが、まさに係長はそういった役割を求められているのです。
  • 現場のリーダー
さて、プレーイングマネージャーですから仕事も人一倍こなし、更に部下の面倒を見るといった現場のリーダー的な役割を求められるのが係長という仕事になります。

その為、管理スキルだけではなく実際に行っている現場レベルでの業務にも精通していなければなりません。

そういった意味で、難易度の高い仕事であるという事ができるのです。


250
keieimanga at 20:11|PermalinkComments(0)役職